労働基準法関係

労働基準法関係 · 2019/02/19
15日の大阪高裁で、 待遇格差は違法として、 アルバイト従業員に対して賞与を命じました。 「賞与額が年齢や成績ではなく基本給に連動し、 就労自体への対価の趣旨を含む点を踏まえ、 有期契約社員へは正社員の約8割の賞与があるが、 アルバイト職員に全くないのは不合理」 と指摘しました。 それぞれの会社で、賞与の計算方法は違うため、 全ての会社に...
労働基準法関係 · 2019/02/12
働き方改革に対応した就業規則の準備はできていますか。 4月1日に施行となるため、その前に準備が必要です。 一度、就業規則の見直しを行いましょう。 3月末までにご依頼をいただいた方限定!! 下記の届出の作成・提出を無料サービス  ・36協定(時間外・休日労働の届出)  ・1年変形労働時間制の届出  ・計画年次有給休暇の協定届...
労働基準法関係 · 2019/02/01
就業規則はの内容は、実態に合っていますか。 せっかく作った就業規則も実態と違っていては 意味がありません。 実態に合わせることが、大切です。 社内のルールに変更がなくても、 働き方改革による改正により、変更が必要な場合もあります。 4月の改正に向けて、準備しましょう。
労働基準法関係 · 2019/01/31
テレビやネットニュースで話題になっていますが、 某飲食チェーンのアルバイト従業員が、 おふざけ動画を投稿しました。 企業イメージも悪くなり、 業績悪化にもなりかねません。 従業員の懲戒解雇だけでは、会社は守れません。 問題が起きる前に、 損害賠償請求があることを就業規則に記載したり、 保護者等の保証人を取るなど 対策をしておきましょう。
労働基準法関係 · 2019/01/30
各務原で感染と言えば、「豚コレラ」 県内で発生が確認されてから、4ヶ月経っていますが、 未だに終息していません。 豚コレラは人に感染はしませんが、 感染症の流行は危険です。 インフルエンザも流行しています。 予防接種は、症状は軽くなりますが、 インフルエンザにかからないというものではないようです。...
労働基準法関係 · 2019/01/28
外国人実習生に違法労働をさせていませんか。 外国実習生だから、許されるということはありません。 違法に残業をさせれば、罰金の対象となります。 1つの工場・支店での出来事が、 法人として名前が公表され、 会社全体で外国人実習生の受け入れができなくなります。 管理を徹底していきましょう。
労働基準法関係 · 2019/01/23
助成金には、就業規則が必要不可欠です。 あなたの会社では、 就業規則の整備はできていますか? 就業規則に、 賃金規程・退職金規定・パートタイマー規程・育児介護休業規程 等 別に定めるとして、実際はない・・・ってことはないですか? 助成金受給には、 もちろん別に定めるとした規程も必要です。 是非、見直してみてください。
労働基準法関係 · 2019/01/22
平成も残り100日を切りました。 以前にブログやYouTubeでも紹介しましたが、 平成が終わり、新元号となる時には、 大型連休となります。 銀行も連休となることで、 給料計算や支給にも不都合が生じることが予想されます。 早めの対応を。 そして、インフルエンザが流行しています。 社内での感染拡大を防止するためにも...
労働基準法関係 · 2019/01/18
働き方改革により、 4月以降、順次改正があります。 本日は、 来年2020年4月から施工される 「同一労働同一賃金」に向けた取り組みについてです。  ※中小企業は2021年4月から 改正までには時間がありますが、 今から制度の見直しが必要です。
労働基準法関係 · 2019/01/10
就業規則は、 従業員数が10人以上で届け出の義務があります。 10人未満の場合、 届け出義務はありませんが、 就業規則がなくていいというわけではありません。 しかし、 実態にあっていなかったり、 現行の法律に沿ったものでなければ、意味がありません。

さらに表示する